各国の会計の基準は日本でもアメリカでもヨーロッパでも異なります。

これが最近ヨーロッパ流の国際会計基準に収斂しようという動きがあります。

多くの日本企業も将来は英語での会計情報提供が必要になりますから、この国際会計検定資格を持っていると有利になるでしょう。


試験のスコアによって4段階のレベル判定を受けます。

受験には特に資格は必要ありません。
年間受験者は5000人程度。
レベル判定ですので、合格・不合格の判定はありません。