資格 一覧

世の中にはたくさんの資格があり、超難関なものから小学生でもやっつけで合格するようなラクなものまでさまざまです。子育てしながらでも取得できる資格もいっぱいあります。
マンション管理
国家資格であるマンション管理士試験なら、どこかの講座を受けずとも独学でパスできる可能性はあります。
ただ、ラクラクというほどではなく、多くの合格者はスクールや通信講座を利用しているようです。
そして合格率はだいたい一桁。
比較的新しい資格なので、勉強の仕方がよくわからない。資料が少ない。参考書が少ない。というのがネックになっているはずです。
これからも新しいマンションはどんどん建てられていきますから、この資格を持ったプロはずっと必要です。東京の新しいマンションはこちら

マンション管理士試験は出題範囲がかなり広いのです。
管理業務主任者・宅地建物取引主任者の資格試験とも範囲がかぶります。

逆にそれらの資格をすでに持っている人ならマンション管理士は独学で十分通る、ということになります。

管理栄養士の資格を取ろうと思っても、すぐに試験が受けられるわけではありません。
試験を受けるために条件があるのです。
ケーキの栄養
時間も必要です。

第一に栄養士免許を取得していなければなりません。
4年制の管理栄養士養成施設を卒業していれば、試験を受けることが許されます。

勉強が4年に満たないなら、修業年数プラス実務経験の合計が5年以上必要となってしまいます。

要するに試験を受けるだけでも年数が必要なのです。

試験内容も簡単ではなく、食という幅広いジャンルでありながら、暗記ものではなく応用力が問われます。
知識は食に関わる社会の出来事や、法改正、制度改正等、管理栄養士に関わる法律の情報などまで必要です。

試験は年1回3月。試験形式は肢択一のマークシート方式、60%以上の正解率が求められます。

簿記検定は日本商工会議所が主催する検定で、
簿記能力検定は全国経理教育協会が主催する検定です。
勉強中
もちろん別々のものですから、一番資格としてパワーを発揮するのは「どちらも取得」しておくことですね。

どちらも取得するのは2倍たいへんかといえば、そうではありません。
両方とも共通する部分は多いですから、一粒で2度おいしいといった感じですよ。

どちらがメジャーかというと、簿記検定です。
受験人数がだいぶん違います。
簿記検定がおよそ15万人。簿記能力検定が3万人以下です。


帳簿の付け方や帳簿に記入する数字の意味を理解しているのか?
企業の経営管理や経営分析の基礎能力があるか?
おおざっぱにいえば簿記の知識がどれくらいあるかのテストです。


普通の企業の経理部門に就職を目指すのにも2級以上を持っておくと有利です。

計量士の資格は、経済産業省の管轄で、「計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、もって経済の発展及び文化の向上に寄与する」という計量法に基づいて設置された資格です。
計量士が一体どのような仕事かというとこうなります。

計量士には、「環境計量士」と「一般計量士」があり、環境計量士にはさらに、騒音・振動関係と濃度関係の二種類があります。
濃度関係の環境計量士は、工場から排出されるガスや有害物質などによって、大気中の空気がどれだけ汚染されているか、土壌がどれだけ汚染されているかを計量・証明します。

騒音・振動関係の環境計量士は、自動車道路や線路の近く、工場の近隣や建設現場、飛行機などの騒音や振動を計量・証明するのが仕事です。

一般計量士は、長さや体積、熱量などを計量・証明したり、計量器の点検や管理をする仕事です。

計量士資格のうち、最も試験の難易度が高いのは濃度関係の環境計量士で、たとえば平成20年度合格率は13.2%でした。
騒音・振動関係の環境計量士の難易度もなかなか高く、平成20年度合格率は17.9%。
比較的難易度の低い一般計量士でも、平成20年度合格率は19.7%でした。

要するにしっかり勉強して試験対策しなければ取得できない難関の資格といえるでしょう。

就職先としては、環境計量士は都道府県知事の登録を受けた計量証明事業所に、一般計量士は適正計量管理事業所や分析会社などに就職すれば、能力が活かしやすいでしょう。

ファイナンシャル・プランニング技能士について見ていきましょう。

NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会と一般社団法人金融財政事情研究会との2つの機関により、年3回実施されているファイナンシャル・プランニング技能士の試験。
1級から3級まであり、全ての階級で学科試験と実技試験があります。

誰でも受験可能なのは3級のみ。
1級2級は一定の条件をクリアしないと受験できません。

学科試験は4択問題のマークシート方式。ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承などに関しての知識が必須。
実技試験は好きな科目を選択し、記述の試験を受けます。
内容は実務に近い問題です。
実技試験ではFP総論も含まれます。


ファイナンシャル・プランニング技能士の試験はカバーする範囲が多岐に渡るため、試験勉強も能率よく進めることが必要となります。
出題率の高いところを知るには過去問題や模擬テストなどを活用すべきですね。
時間配分も本番に合わせて練習し、いわゆる試験のための勉強をするべきです。

森林インストラクターは森林を利用するひとにガイドや解説を行う資格です。

森林内で野外活動の指導をするための資格でもあります。
森林
森の案内人なんて呼び方もありますね。

1991年にスタートして2005年には全国で2400人ほど。
環境保護団体やボーイスカウトから依頼を受けて樹木調査や林業体験などを行っています。

20歳以上なら誰でも受験できます。

年一回全国森林レクリエーション協会が行う「森林インストラクター資格試験
9月に筆記、11月に実技と面接の試験に合格すれば森林レクリエーション協会所属となります。

協会を通じておしごとが入ってきます。

各国の会計の基準は日本でもアメリカでもヨーロッパでも異なります。

これが最近ヨーロッパ流の国際会計基準に収斂しようという動きがあります。

多くの日本企業も将来は英語での会計情報提供が必要になりますから、この国際会計検定資格を持っていると有利になるでしょう。


試験のスコアによって4段階のレベル判定を受けます。

受験には特に資格は必要ありません。
年間受験者は5000人程度。
レベル判定ですので、合格・不合格の判定はありません。

財務会計士はこれから試験が始まる有望な資格です。


試験開始に合わせていち早く資格取得すれば武器になることまちがいなし!

監査は手がけず、会計だけをになう企業財務の専門家資格

公認会計士の前段階にあたる新設資格です。

法改正を経て2013年に試験がはじまるようです。

筆記試験に合格したあと、監査法人や企業の財務部門で3年間実務を経験してから取得となります。

定番の資格でありながら、さらに人気が上昇しているのが米国公認会計士の資格

名前のとおりアメリカの資格です。

米国会計基準に基づいて英語で会計、監査、コンンサルティングなどを実施することができる専門資格です。

海外とやりとりする企業は中小レベルでもどんどんと増えていて、ニーズは高まっています。

もちろん、アメリカをはじめとして海外での転職や就職にも有利。


受験資格:4年制大学卒業(原則として)
年間受験者数:不明
合格率:40%〜50%

ドラッグストアや薬局などが一般医薬品を売るためには、店舗に薬剤師登録販売者を置く必要があります。

登録販売者なら一般医薬品のおよそ95%を占める第二類医薬品と第三類医薬品を販売できますから、ニーズは高いです。


いままでのように薬局だけでなく、全国のコンビニなどが一般医薬品販売に参入してきていますから、まだまだ登録販売者は必要になってくるはずです。


● 受験資格:薬学部卒業または1〜4年の実務経験
● 年間受験者数:4万4748人
● 合格率:47.4%

このページの上部へ