定番の資格でありながら、さらに人気が上昇しているのが米国公認会計士の資格

名前のとおりアメリカの資格です。

米国会計基準に基づいて英語で会計、監査、コンンサルティングなどを実施することができる専門資格です。

海外とやりとりする企業は中小レベルでもどんどんと増えていて、ニーズは高まっています。

もちろん、アメリカをはじめとして海外での転職や就職にも有利。


受験資格:4年制大学卒業(原則として)
年間受験者数:不明
合格率:40%〜50%