ファイナンシャル・プランニング技能士について見ていきましょう。

NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会と一般社団法人金融財政事情研究会との2つの機関により、年3回実施されているファイナンシャル・プランニング技能士の試験。
1級から3級まであり、全ての階級で学科試験と実技試験があります。

誰でも受験可能なのは3級のみ。
1級2級は一定の条件をクリアしないと受験できません。

学科試験は4択問題のマークシート方式。ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承などに関しての知識が必須。
実技試験は好きな科目を選択し、記述の試験を受けます。
内容は実務に近い問題です。
実技試験ではFP総論も含まれます。


ファイナンシャル・プランニング技能士の試験はカバーする範囲が多岐に渡るため、試験勉強も能率よく進めることが必要となります。
出題率の高いところを知るには過去問題や模擬テストなどを活用すべきですね。
時間配分も本番に合わせて練習し、いわゆる試験のための勉強をするべきです。