簿記検定は日本商工会議所が主催する検定で、
簿記能力検定は全国経理教育協会が主催する検定です。
勉強中
もちろん別々のものですから、一番資格としてパワーを発揮するのは「どちらも取得」しておくことですね。

どちらも取得するのは2倍たいへんかといえば、そうではありません。
両方とも共通する部分は多いですから、一粒で2度おいしいといった感じですよ。

どちらがメジャーかというと、簿記検定です。
受験人数がだいぶん違います。
簿記検定がおよそ15万人。簿記能力検定が3万人以下です。


帳簿の付け方や帳簿に記入する数字の意味を理解しているのか?
企業の経営管理や経営分析の基礎能力があるか?
おおざっぱにいえば簿記の知識がどれくらいあるかのテストです。


普通の企業の経理部門に就職を目指すのにも2級以上を持っておくと有利です。