「第二言語の習得には、できる限り第一言語の影響を排除した環境で行う」
あなたの英語勉強の環境はそうなってる?

まさか日本語を英語に訳して喜んだりしてないでしょうね?


そんなんしても会話はできるようにならないし、どっちかというと逆方向へ進んでる!
根本の常識がすでに間違っているので、努力しても努力しても英語は身についてこないんだ。


もう一度書きます、

第二言語の習得に関して世界で主流となっている方法は、
「できる限り第一言語の影響を排除した環境で行うこと」


● 「英語耳」を作るべく特訓中。同じ曲を300回も聴くなんて?と思ったが、100回ずつ聴き方が異なり、そんなに苦ではなかった。
巻末のミニバイエル、歌を毎朝出勤途中に聴いているが、はじめのころに比べて、確かに聞き取り力はアップしている。
英語を聞くときは意識して集中しないと耳に入ってこないが、このドリルにより「英語耳」を作り上げることができれば、日本語と同じように自然に英語を聞けることができるようになるとあるので、それに向けてがんばりたいと思う。

● 買って10日。はじめは曲を聞いてもぜ~んぜんわからなかったのですが、だんだん聞き取れるようになりました。
今まで単語が覚えられなくて、なんて書いてあるか読むことができなかったので、人から単語を読んでもらって初めて、「意外となじみのある単語の綴りだったんだぁ」とわかることがしばしばでした。

英語はあきらめ状態だったのですが、読めない(発音できない)から覚えられなかったのかと思い、目からうろこでした。

曲を聞いて発音を頭に覚えさせ、実際に歌って正確に発音できるよう訓練していくのは比較的楽しいので続けられそうです。

音楽が好きな人には良い勉強法だと思います。


● こいつは実際に書店で中身を拝見し、良さそうだったので4冊をまとめて購入した。
このシリーズは表紙がビビッドカラーなのが好きです。
英語耳2冊は単語耳2冊と違ってイラストが少ないのがちょいと不満です。
単語耳2冊のように可愛らしいイラストも載せてくれた方がなんとなく覚えやすいような気がしました。

● 英語耳をやって耳から何かが剥がれましたが、英語耳ドリルと出会ってまた耳から何かが剥がれました。
英語耳は効果がすごいですが、単調さが否めないのに対してこちらはかなり楽しいですよ。

● 発音ができないと聞き取れない。
あ~、そうなんだやっぱり。
どうやら口から頭がい骨を通って響いてくる音とか重要なんだ。
英語の歌を聴いていると子音の響きがよく耳の中で伝わるのがわかるようになってくるんだ。
早くやっておけばよかった。


● 歌で英語を勉強するのは以前から言われてますが、選曲が素晴らしい!
飽きずに聞けるはずです。 歌が耳につくほどきくと、リスニングが少し楽になりました。
薬を飲んで効くような劇的変化はありませんが、着実に力がつくと思います。


● 子音の発音、英語耳のトレーニングに歌を使うというのは私にとって初めての試みです。
しかも同じ歌を300回聴くというのは、半信半疑でしたが、テキストの指示通り10回を一単位としてMDに録音し繰り返し聞いていたところ、確かに子音の聞き取りが飛躍的に良くなりました。
歌も常に頭の中を流れているようで知らないうちに英語で歌を口ずさむようになっていました。
このテキストの選曲もいいです。
引き続きトレーニングを続ける気になります。