不景気になるとお笑いブームが来るというのはよく知られていること。

不景気でなくても笑いは毎日の生活に必要です。

脳科学者の茂木健一郎先生だって言っています。

「脳は笑うことでよりクリエイティブになるのです。」と。

嫌なことがあったとき、笑いを作らないとそのまま鬱々として深みにはまります。

笑いを職業とするプロたちも純粋に笑いが好きでという人ばかりではありません。

「いじめられてばかりいた」「コンプレックスの塊だった」というおいたちを笑いに転化することが自分の人生にとって必要だった・・・という芸人さんも少なくないのです。